小屋の旅 034(緑と小屋)

f:id:koya-tabi:20170813084828j:plain

 

34.緑と小屋

 魚津に用事があって、片貝川の上流へ行ったときに見つけた小屋です。朝の7時すぎで、天気はそれほどよくはなかったように思います。露を多く含んだ重い空気、夏の盛りなのにひんやりとした冷気が残る時間帯です。手前の水田は、稲穂の出始めのころでしょうか、少し緑の色があせぎみですが、雑草や、ことに背後のスギ林などはたいへんに濃い緑で、そんな一色の緑のなかに建てられた小屋です。

 小屋そのものは、小さくて造りも簡単、外壁や屋根などすべて単色仕上げで、凝ったところはまったくありません。色彩も造形もシンプルで変化に乏しいものですが、全体に余計なものがついていないのと、短い屋根ヒサシとあいまって、雑味のない引き締まった彫像として立っています。とはいえ、どちらかというと、どこにでもある退屈な小屋です。それが張りつめた妖艶さというか、官能的なまでに美しく見えるのはなぜか、と思ったりもします。

 森や自然、エコロジーの象徴といった心地よい緑であっても、こうまで一色の世界に染まると、さすがに辟易します。さわやかさをとおり越して陰気なものを感じないでもありません。そこで、ネットで緑色についてチェックをしてみると、もえぎ色や若草色など、緑系だけでも日本の伝統色には70種以上もあるそうです。それらから連想するイメージもまた様々なもので、“さわやか”や“やすらぎ”といったもの以外にも、“生命力”、“苦しさ“というイメージも緑色にはあるそうです。たしかに、雑草の茂みを草刈り機でひと払いしただけで、そこから無数の虫たちがわっと、一斉に飛び出し、緑にぎっしり命が詰まっているのを実感することがあります。静寂の緑には、命がうようよと駆けめぐり、弱肉強食の世界が渦巻いているのでしょうが、そんななかで超然と立っている小屋です。

 このままずっと静止した時間であってほしいという思いがわいてきたりしますが、そうはうまくいかない予感もします。これがもし、太陽を浴びた昼さがりにこの小屋を目にしていたら、姿はまったくちがったものになっていたはずで、これほどまでに生々しく存在しなかっただろうし、普通にさびれた、眠い小屋ではなかったかと思います。昼下がりのネオン街のようなものですが、それもまた、見てみたい小屋の風景であり、こころがひかれます。それにしても小屋を実際以上に美しく見せているのは、まちがいなく緑の力だと思いますが、人間がもしこのような濃密な緑のなかに立てば、たとえ老婆であっても美女に見えてくるのではないかと、考えたりもします。

小屋の旅 033(金沢の小屋)

f:id:koya-tabi:20170630112854j:plain

 

33.金沢の小屋
 金沢の市街地から少し離れた森本駅の近辺で見かけた小屋です。近くに能楽堂を備えた老舗の温泉旅館があったりしますが、金沢は加賀藩時代から能や謡曲が盛んだったそうで、それが今日、一般市民にまで広く受け継がれているとのことです。この小屋風景も、そんな金沢の文化的な影響を受けたのでしょうか、なかなかいい感じです。ただ、写真左の畑を耕しているひとと、右側の小屋とはまったく関係のないあいだがらだと思われます。たまたま偶然にも、小屋の隣りで農作業をしているひとがいたので、いっしょに撮っただけです。

 その農夫のかたですが、白いシャツに黒のズボン、足もとをスパッツでキリッとかためた装いは、“出で立ち”とでも表現したくなるほど小粋で、やる気、意気込みといったものに、“芝居がかった”ものを加味した独特のスタイルで決めています。頭にかぶっている笠は、本来は僧侶などが使う網代笠のようですが、これだけ大きいと作業に支障をきたすのではないかと、これまた心配になるほどで、まじめな滑稽さもあって、どこか不思議な雰囲気をつくりだしています。

 小屋のほうは、母屋から屋根を突き出した“下屋”という構造に大きな特徴があります。野外と屋内の中間領域である下屋には、実利的なメリットが多々あります。雨や露がしのげて風がとおるので、タマネギや大根などの収穫物を干す場として重宝しますし、道具類などをちょっと置くのにも便利です。さらには、屋内でも屋外でもない曖昧な空間なので、空想力や想像力といった雑念、余計なものが入り込む余地があって、きわめて人間くさいところだともいえます。

 一般にこの下屋というのは、母屋があってそこに付け足すもので、母屋の付録的な存在です。ところが写真の小屋の場合、下屋の存在が極端に大きく、おまけに前と横に二つも備え、母屋と下屋のどちらが主で、どちらが従なのかわからないほどです。この本末転倒のちぐはぐさは、縁日の屋台のような楽しさをつくりだし、農園全体の空気をにぎやかなものにしているようです。小屋のオーナーの姿は見あたりませんが、おそらく、豊作であろうと、不作だろうと、そんなことにはいっこうに無頓着なかたのようにみうけます。左に見える網代笠のかたとは、だいぶん性格を異にしているように思われ、おもしろいお隣関係です。案外、この両隣、気があうのではないでしょうか。芝居の舞台を目にしているようでもあります。

小屋の旅 032 (しゃれた小屋)

 

f:id:koya-tabi:20170522164141j:plain

 

32.しゃれた小屋

 この小屋は、姿といい、色合いといい、見るからにおだやかな表情をしています。どこかゆったりと遠くを見ているかのようでもあり、“緊張と緩和”ではありませんが、副交感神経をここちよく刺激する癒し系タイプの小屋です。風雪が育んだといえば、聞こえがいいが、早い話が野ざらしによって風化したかたちでしょう。トタンと塩ビの波板をまとった粗末な建物ですが、トゲトゲしさのようなものが影を潜め、どこかやすらかな表情をした地蔵さん、といえば誇張まるだしですが、そのような雰囲気をもった小屋です。

 ひともネコも草木も同じように、それぞれの個体にはひとつひとつ異なる表情があって、これが時間の旅をすることによって少しずつ変容していき、それが生きているということだとすれば、この小屋もまたそれなりに人生を歩んでいることになり、いまもその旅の道中にあって姿を変え続けているはずです。写真を撮ったのはいまから7年ほどまえなので、現在、この小屋がどのような姿になっているのか、と思ったりもしますが、寿命はすべてにあるので、あるいはもうあとかたもなく消えているかもしれません。

 新潟の田んぼのなかにぽつんと一棟だけ建っていたこの小屋は、背が高く、けっこう大きな建物で、みるからに堂々としていますが、蔵のような威圧感はまったくりありません。おおらかな感じで、外壁に経年劣化で白化した塩ビ波板が使われ、これに色よくさびた波トタンとの組み合わせは、赤い屋根と相まって、なかなかいい調子です。屋根の妻部分ひとつとっても、普通は白い波板を下揃えにスパッと水平に切りそろえるところですが、そのような杓子定規なことはせず、手元にある波板の廃材をそのまま生かしながら、中央へいくほど意図的に尻下がりにし、屋根の傾斜角と呼応するように張られています。素材の扱い方が実にうまく、ルーズな造りのようですが、“どっこい”というやつです。しまりのない小屋のなかにあって唯一、正気というか、張りつめた空気を放っているのが赤い屋根です。ここを外壁のように軽く扱うと、雨漏りで建物がもたなくなるので、ペンキを塗るなどしっかり手を入れています。いっけんほったらかしの小屋のようにみえますが、管理はしっかりしているようです。

 機能性を優先にして建てることが多い小屋は、デザイン的には単なる箱になりがちで、この小屋も例にもれず、窓もなければ入口扉も素っ気ないトタン張りの完全な箱モノです。本来は退屈で目障りな建物になってもおかしくありませんが、そうなるのを救っているのが不要になった素材を使った建築素材のテクスチャーだと思います。さらに小屋の横に無造作に置かれた付属物のU字溝、タイヤ、パイプなども名傍役として、シブイ演技をしています。いずれも使い古しの廃品たちで、小屋の主はいつか使ってやろうと保管をしているようです。おもしろいのはハサギで、小屋の主の意に反して1本が斜めに倒れ、波板がめくりているほか、キャタツは裏返しに立て掛けられ、屋根雪下ろしの際にはオーバーハングをよじ登って作業をしなければなりません。小屋本体も付属物もみな消費文化が生みだしたモノの末路によって構成された小屋風景ですが、粗野、貧相、暗いといったネガティブなところがまったくなく、むしろ軽やかで美しいとすら感じます。

小屋の旅 031 (村と小屋)

f:id:koya-tabi:20170419184145j:plain

31.村と小屋 

 1992年に廃校になった氷見市の床鍋小学校です。校舎の一部だけを残し、学校跡地といっしょに公園にでもなっているのでしょうか。床鍋集落は、氷見市でも石川県境のかなり山奥にあり、小学校だった場所は、そんな谷間にひっそりと建っていた学校のようです。なかなかいい雰囲気の場所で、あたりを散歩していると、なんだか気持ちまでおだやかなになってくるところがあります。この廃校の近くには、秘湯の一軒宿として昔から評判の床鍋鉱泉がいまも健在で、私も一度だけ入浴経験があります。氷見で床鍋といえば、この鉱泉を連想するひとも多いはずです。

 廃校になって20年以上も経ち、また、過疎化が著しい山奥の秘境の村にあるにもかかわらず、 廃校跡は荒れ果てた、といったところがありません。小さな小学校だったとはいえ、グラウンドも含めるとかなりの面積になります。地元の維持管理のしかたが上手なのでしょうか、それほど頑張って手入れをしているようには見えませんが、ほどほどに、という言葉がぴったりあてはまるいい状態に保たれています。温泉でいえば、ちょうどな湯加減41、2℃で、お湯も肌にピリピリせずになめらかといった床鍋鉱泉のような感じでしょうか。これは、緑豊かな自然に囲まれた谷間に位置しているという、廃校をとりまく環境が大きいのかもしれません。

 校舎の建物は、間口が2間、奥行が2間半ほどで、村の規模にあったヒューマンなサイズに縮小、小屋化されています。この廃校は、大きな校舎をミニチュアにすることで、当時の学校の空気が濃縮されたところがあります。そのミニ校舎を正門のところに配置し、まわりに門柱やモニュメントなどを一緒に保存しています。学校入口の桜の木もそのまま残され、“山村の小学校”という雰囲気がよくでています。窓から室内をうかがうと、内部はワンフロアになっていて、畳が何枚も用意されているところをみると、地元の集会に使われているのでしょう。また、校舎の並びに昭和33年建立の二宮金次郎像も置かれています。これは隣町の高岡銅器でつくられたもので、金次郎が背負っている薪の1本1本まで精緻に表現されています。このような手のこんだ鋳物技術は、現在は職人がいなくてつくるのが難しいのではないでしょうか。見事な金次郎像です。

 ある民俗学者が、日本の集落は二間四方のアズマヤを建てて一村とし、集落を形成しているといっています。アズマヤとは村の神社のことで、その2間四方の広さには15人(15軒)ほどがはいれる広さがあることから、ひとつの村は15軒ほどで構成されるのが決まりだといっています。そして、開墾などによって村の人口が増えると、村のコミュニティを拡大させるのではなく、隣に新しい村をつくることによって、次々と村の数を増やしていったそうです。これは日本の北から南まで、全国で一般的に見られるとのことです。なぜ村のボリュームを大きくしなかったのかという素朴な疑問もありますが、床鍋小学校を小屋化したミニ校舎は、まさにこの民俗学者がいうアズマヤ、村社のスケールそのものです。この小学校の廃校がうまく維持されている背景には、学校の校舎を村社、つまり無意識のうちに鎮守の森に見立てて守っているからではないかと思います。学校が小屋となって、完全に村に取り込まれたというわけです。

小屋の旅 030 (のんきな舟小屋)

f:id:koya-tabi:20170407173424j:plain

30.のんきな舟小屋
 氷見市の海岸沿いに残る舟小屋です。人工物というより、自然発生的な雰囲気をもった小さな砂浜に建つ小屋で、海辺の風景に心地よくとけこんでいます。氷見から能登半島にかけては、かつてはこのような、きわめてのどかな光景がいたるところで見られたのでしょう。2年ほど前までは、この近くにもう一カ所、小さな舟小屋が2棟並んで建っていましたが、いまはどこかへ撤去され、代わりに護岸工事が盛んにおこなわれています。しかも、その工事はこちらの小屋のほうへ向かって進んでいることから、そのうちこの小屋も消える運命にあるのかもしれません。

 4、5棟ほどある舟小屋うち、いまもまともに使われているのは、おそらく1、2棟ではないでしょうか。これまで小屋の付近で漁師の姿を一度も目にしたことがなく、いったい漁をいつし、網の繕いなどはどうしているのかなど、さっぱり様子がわかりません。おそらく、漁師の勤務時間が変則ということもあり、こちらとすれちがいになっているのでしょう。漁としては、刺し網やわかめ、貝などをとっているのではないでしょうか。木造船の時代は、雨や雪から船を守る役割を担っていた舟小屋ですが、船体がFRPになった今日では、その必要はないわけです。けれど漁は季節によって獲る魚介が異なり、それに合わせて網や仕掛けなどもいるので、漁具などがいろいろかさみ、それらをまとめて保管しておく収納スペースが、海や船の近くにあったら便利なのはたしかです。

 舟小屋はどれも妻入りで、間口の広さが一間半ほどと、船の収容を考えて細長いかたちになっています。妻側は両方とも開けっ放しにされ、小屋の内部は常に風が通るようになっています。舟小屋の大きな特徴のひとつは、この風通しのよい構造で、おそらく木で造られた船やそれを収容する小屋は、風を十分に当てて乾燥させてやらないと傷むのも早かったのでしょう。舟小屋はどれも粗野でラフな造りのものが多いようですが、これは漁師の気質というよりも、風通しを求めたところからきているのだろうと思います。ここにある小屋は、どちらかというとまだましといったら失礼ですが、端正で美しい部類ではないでしょうか。

 ただ、写真の小屋は4、5年前のもので、現在は漁師の高齢化もあってか、もっと風化が激しく進んで、まさに風前のともしびといったところです。わが国の漁港は4種類ほどに分類されるそうですが、このような砂浜を根城に、それこそほそぼそと営んでいる漁港を、正式になんと称するのでしょうか。漁港であることにはまちがいないにしても、防波堤に囲まれた近代的な”漁港”とはかなり雰囲気がちがいます。かといって“船だまり”とも異なり、“船着き場”といういいかたも的を射ていません。どうにも不思議な存在ですが、そのようなあいまいなところが、かえって素朴な小屋とは相性がいいのかもしれません。生産性、コストといったものにまったく無頓着な、とでもいいたくなるような、なんとものんきな風景です。

小屋の旅 029 (命をつなぐ小屋)

f:id:koya-tabi:20170220175545j:plain

 

29.命をつなぐ小屋

 大切なもの保管しておく「蔵」も、スケール的にみると小さな建物なので、小屋の一種だろうと思います。ただ、蔵による町おこしといった話はよく耳にしますが、小屋によるそのような試みはまったく聞いたことがありません。おなじ小屋でも価値観が随分とちがいますが、写真の小屋は、飛騨市の種蔵という集落の「板倉」で、それが何棟もまとまって残っています。「住む家を壊すようなことがあっても倉だけは守れ、倉は食物や種物を保存しておいて家族の命を守るかけがえのない宝物やから」という言い伝えが、この種蔵地区に残されているそうです。ちなみに“蔵”は「大事なものを隠したり、しまっておくところ」、それに対して“倉”は、「穀物を入れておくところ」のちがいがあるようですが、基本的にはおなじものでしょう。

 その板倉の構造ですが、柱と貫と板壁による単純明快なもので、これで地震の揺れや雪の重みに耐える仕組みです。しかも、その構造がそのまま建物のデザインにもなっていて、たいへん合理的です。火災にも、板壁が分厚いために燃え落ちる前に表面が炭化して耐火性を発揮するといわれ、土壁タイプのものに比べて修理もしやすく、築後の維持管理など多々のメリットがあります。“命”をつなぐ使命を背負った建物だけに、よく考えがめぐらされています。スケールは小さくても力強く、見ていて安心感が伝わってくるのは、そのような機能的な裏付けがあるからなのかもしれません。種蔵集落の板倉は、3層構造になったものもありますが、通常は2層で、1階は穀物や農具、2階に家財道具を収納していたそうです。

 板倉は、飛騨地方を中心に広く見られるものですが、種蔵集落の特徴は、それが家の母屋から離れた場所に建てられていることです。一般的な農作業用の小屋などをみるかぎり、できるだけ家より耕作地に近いほうが便利なのはたしかです。しかし、食糧や財産を守るクラ(蔵や倉)になると話はまた別で、最優先にすべきは防犯対策です。「貴重品は肌身離さず」という警句もあるように、巷でよく見られるクラも、そのような慣習のっとっています。種蔵集落では、そんな一般的な常識を度外視し、命の次に大切なクラを、家からわざわざ離れた場所に置いているわけです。なぜ家から離したのか、あるいは離さなければならなかったのかです。

 火災から守るために母屋から離した、耕作地の近くに置いたほうが便利だったため、湿気を避けるために風通しのよい高台を選んだなど、いろいろいわれているようです。おそらく理由は重層的だと思いますが、急な傾斜地という地形などから、どの家もまとまった宅地の確保ができず、火災に備えて母屋とクラとの距離を十分にとるのが難しかった。それが大きな理由ではないかと思います。そこで心配になるのが防犯に対する備えですが、村びとの目につく場所にクラがあれば、小屋の持ち主以外は不審がられて容易に近づけないわけです。衆人の目にあえてさらして、ゆるやかな監視による抑止力で安全・安心を担保したのではないでしょうか。それともうひとつ感じたのは、蓄財の象徴としての「蔵が建つ」クラとは、どこかちがう気がすることです。いわゆる“命をつなぐための小屋”なのですが、種蔵の板倉をながめていると、高山祭の屋台(山車)でも見ているかのような気分になってくるところがあり、その意味でクラは、その根底において各地に残る祭りの山車と、どこか共通するものがあるのかもしれません。

小屋の旅 028 (六甲おろしと小屋)

f:id:koya-tabi:20170131140541j:plain

28.六甲おろしと小屋

 この小屋との出会いには忘れられないものがあります。日頃、時間があるときなど、たまに林道をクルマで走ったりすると、よく、この道はどこまで続くのか、ときどき不安になってくることくが多々で、そろそろ引き返そうか、いやいやもうちょっと先へ、といった相反する考えが頭のなかをいったりきたりします。カーナビも地図もなく、頼るのは自分のカンだけなので、心細い思いをしながら昼でも薄暗いスギ林のなかを走ることになるわけです。今回もそんな状況になっていて、やや疲れがでてきたところに視界がひらけ、突然あらわれたのがこの小屋です。

 最初に小屋を目にしたときは、ちょっとした驚きと戸惑いがあったあと、「六甲おろしに、さっそうと」という、阪神タイガースの応援歌が頭のなかに浮び、苦笑したものです。見渡すかぎりの草木の海のなかに、それこそ自分の存在の重さに耐えきれずに沈んでいく小屋のどこに、“阪神タイガース”なのか、と思いながら、少しのあいだ漠然と小屋を眺めていたように思います。慌てるでもなく、さわぐでもなし、かといって泣いているわけでもありません。終わりのときを静かに待っているといった様子の小屋です。

 小屋がある一帯は、完全に雑草や木々に埋め尽くされていますが、実は野球場のかたちをしたくぼみになっていて、小屋が建つ位置は、ちょうど球場のバックネットあたりに見立てることができます。私のいるところはバックスクリーン上部からという関係になり、甲子園球場をそのまま緑のなかに埋め込んだ感じです。撮影している場所は、林道の三叉路になっているところで、道はここから枝分かれして右に弧を描きながら下へおりていき、小屋の背後にまわりこむようにのびています。小屋の右横にちらっと白いガードレールが見えますが、あそこが下の集落へ通じる道です。

 さっそく小屋があるところまでおりていくと、やっとあたりの状況がなんとなくつかめてきて、ここは土の採取場跡の可能性もありますが、おそらくかつては水田だったところのようです。小屋はその入口に建ち、広さが1ヘクタールはあろうかという、けっこう広い田んぼです。私がここまでやって来た道は農道ではなく、立派な林道なので、こんな山奥に水田があったということ自体、びっくりを通り越して仰天なのですが、実はこれには続きがあって、小屋の写真を撮っているすぐ左隣りの高台には、いまも50アールほどの水田がつくられています。この田んぼなどはもう棚田という生やさしいものではなく、“山岳水田”とでも呼びたいほどの秘境の稲作です。どのようなかたがいまもつくられているのか、ぜひ一度お会いしたいと思いながら、何回かここを訪れていますが、いまだに実現していません。その近年まれにみる奇跡の田んぼはさておき、実は初めて自然のなかに消えていく写真の小屋を目にしたとき、なにか違和感のようなものを覚えたのも事実で、それはおそらく、小屋が自然に枯れていく、衰えて朽ちていくといった気配がまったくなく、明るい表情で「あばよ!」、といっているように見えたからかもしれません。