読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小屋の旅 022(歌舞伎する小屋)

f:id:koya-tabi:20161024094846j:plain

22.歌舞伎する小屋

 富山県南砺市にある小屋ですが、ここは平成の合併までは福光町だったところで、昔からドジョウの蒲焼きとプロ野球選手のバットづくりで知られています。県内でも内陸部に位置して水田が盛んなこともあってか、小屋をいろいろ探してみましたが、意外と見あたりません。そんななかで目にしたのが写真の小屋です。石川県との県境に横たわる医王山系から続くなだらかな丘陵地を水田に開拓し、そのご減反によって大豆などを栽培しているところです。小屋はその丘陵地の高台に建てられています。

 私はあまりこのへんの土地勘はありませんが、三方を山に囲まれ、写真の正面、遠くに見える山並みは合掌集落の五箇山白川郷方面で、小屋の前方遥か彼方には北アルプス、背後に迫っている山の裏側が金沢市といった位置関係でしょうか。晴れた日などは見晴らしがよく、ここに立てば、落ち込んだ気持ちもたちまち晴れてくる、といった調子のいい言葉がでてきそうな土地で、たぶん小屋は物置用や作業用というよりも、仕事の休憩用だろうと思います。

 その小屋は、市販の多目的ハウスを高台に運んだだけの簡単なものです。持ち主の小屋への思い入れやこだわりといったものは皆無で、ただ、快適に過ごすためのユニークな工夫がされています。もともと屋外で使うハウスだけに、本体に屋根機能をもっていますが、そこにもうひとつ“置き屋根”をのせているのがこの小屋の特徴です。それによって屋根にひさしをつくり、窓や壁に直射日光があたらないようにすると同時に、置き屋根と本体屋根との間に隙間を設け、そこに風を通して屋根からの熱を遮断しています。さらに、開口部を入口(山側)と窓2面の3方向にとるなど、みるからに開放的な空間になっています。夏の使用を前提にした小屋造りで、入口のドアを開けっ放しにしておくと、真夏でも天然の風が通り、室内は涼しく快適だと思います。それともうひとつ、足もとがしっかりしているためか、全体がキリッとひきしまって、颯爽とした雰囲気をただよわせています。

 ただ、この小屋の写真は、あまりほめられたものではなく、われながらなんと紋切り型の仰々しい撮りかたをしたものだと思います。歌舞伎役者が舞台で見栄をきっているかのような構図は、見ていて恥ずかしくなってくる陳腐なものです。ただ、このアングルで撮るように私に指示したのは、ほかでもない被写体の小屋だともいえますが、その小屋の思惑にまんまと私がはまったという、小屋と私の関係といったところでしょうか。それにしてもきわめて小さな小屋が、これだけ大げさなバック、重圧を背負いながら、微動だにしない力強さはどこからくるのでしょうか。監視小屋のようなものを連想しないこともありませんが、野菜畑といった現場にはいささか不釣りあいな感じもします。

小屋の旅 021(白い小屋)

f:id:koya-tabi:20161004072722j:plain

21.白い小屋

 富山県氷見市の角間という集落を抜けると突然、すり鉢状に広がったダイナミックな風景が目に飛び込んできます。かなり急な傾斜地に棚田がいまも相当数が健在で、そのなかにひとびとの営みがあって、小屋もいくつか元気な姿を見せています。住民はどこへいくにも坂を上がったり下がったりと、暮らしのなかに坂道と緑の自然が組み込まれた健康づくりにはよさそうなところです。写真の左下からのびる道路は、氷見市街から能登半島へ抜けるかつてのメイン街道で、山稜の中央部を切り開いた荒山峠へ、急峻な坂道を蛇行しながら駆け上がっています。標高が400mほどの峠を越えると能登で、明治中期に米国の天文学者パーシヴァル・ローウェルがここを通って能登へ入ったことを紀行文に残していますが、当時から難所として知られた峠道だったようです。

 その道路沿いに建つ白い小屋は、1階はクルマの車庫か農機具の格納庫、2階は物置になっているのでしょう。小屋の上のほうに数軒の家がありますが、県道からその集落への道はクルマのない時代に造られたもので、道幅が狭いうえに急な坂道になっていることから、積雪期などはクルマによる通行が危険なために、白い小屋を車庫として使っているのかもしれません。ただ、けっこう往来のある道路沿いの建物にもかかわらず、道とのあいだにクルマ寄せのスペースがないのは、物置としての使い勝手を考えた場合どうなのでしょうか。建物は、外壁と屋根に波板を打ちつけただけの簡素な造りで、その波板も経年によって白く変色しています。この劣化が功を奏しているといってはなんですが、短くカットした屋根ひさしとあいまって、シンプルでアカ抜けした表情をつくりだしています。

 写真の左上にもうひとつ白い小屋が見えます。こちらはかなり大規模な建物で、しかも右下の小屋とは対照的で、パッチワークのような壁や窓など、手作り感が魅力的な小屋です。ここからでは遠くてその様子がはっきりと確認できませんが、このへんの集落は牛を飼っているので、用途としてはおそらく牛舎ではないかと思います。この建物をなんとか間近で見てみたいと思い、クルマで小屋の近くの住宅地あたりまで行ったのですが、道幅が狭いうえに急坂で、カーブもきついといった道路事情から、とても私の運転では無理だと判断して県道沿いの白い小屋まで引き返しています。これも棚田の頂きにあって、なかなかいい風景をつくりあげている小屋だと思います。

 写真をよく見ると、 急な傾斜地に住宅もけっこうたくさん建っています。しかし、なぜか人間が暮らす家やひとの存在が希薄というか、完全にかすんでしまっています。稼ぎの大半を家に投資する土地柄なので、住宅などは大きくて立派なものばかりのはずですが、それでもまったく印象が薄く、さっぱりです。これで2棟の白い小屋がなかったら、“地味な村”を通り越して、明かりが消えた谷間のさみしい集落といったことにもなりかねませんが、そんな窮状を小屋は救っているかのようです。毅然として力強く、白鳥のような気高ささえ、といえば少し誇張になりますが、そのようなものもかすかに伝わってきます。私はクルマでときどきこの峠道を利用しますが、実は道路沿いの白い小屋というのは、近くで見るとなんの特徴もない退屈な建物です。白っぽくてのっぺりしているので、なおのこと目立たなく、真横を何回通っても見過ごしてしまうほどです。ところがこうして、集落から少し距離をおいて眺めると、まるで別の建物のようで、突出した美しさと存在感を見せています。

小屋の旅 020 (小屋と「森の生活」)

f:id:koya-tabi:20160706070153j:plain

20.小屋と「森の生活」

 貸し農園”とも呼ばれる「市民農園」は、“野菜づくりや花づくりなどをしたくても、市街地ではそのようなスペースがないためにできないことから、農地を借りて楽しめるようにした制度です。この市民農園に、宿泊可能な小屋を備えた「クラインガルテン」と呼ばれるものがあり、都市と農村との交流という考え方も包含した貸し農園、つまり「転地保養+遊び+土いじり体験+ひとの交流」といった、ちょっと欲張りすぎる要素をもったシステムです。使用契約は1年ごとに更新され、月に2、3万円ほどで利用できます。ただ、“ひとの交流”については、各地にあるクラインガルテンによってかなりの温度差があるようで、写真の松本市四賀地区の「緑ヶ丘クラインガルテン」は、どちらかというと人的な交流に力を入れているところです。

 松本市の北、虚空蔵山の南斜面の森のなかにある緑ヶ丘クラインガルテンは、1区画の広さが約300平方メートル、そのなかに30平方メートルほどのラウベと呼ばれる小屋と、畑や庭にできるスペースがついています。写真左手、クルマの前にある区画を見るとおおよその敷地の広さ、ラウベの大きさ、菜園づくりの様子などがなんとなくつかめると思います。この利用者は畑づくりを中心にしているようですが、もちろん庭園づくりをメインにしているひともいます。ラウベは住宅ではなく、限りなく住居に近い小屋という位置づけで、ここではログハウス造りになっています。室内はワンルームの1階にキッチンとバス、トイレが付き、庭に面してデッキが置かれています。2階はバルコニー付きのロフトで、5、6人が寝泊まりでき、薪ストーブの設置も可能です。写真の緑ヶ丘クラインガルテンは、クラブハウスから俯瞰するように撮ったもので、各ラウベの背面が見えています。わが国で1990年代に始まったクラインガルテンは、いまや全国に100カ所以上も誕生して供給過剰だといわれ、いくら募集をかけても利用者が集まらないなか、この緑ヶ丘は人気が高く、すべての区画が埋まっているそうです。

 緑ヶ丘のなかを少し歩いてみたところ、とても静かで落ち着いた雰囲気です。整然と区画されたエリアは、一般の住宅団地にまけない大規模なもので、全部で78区画もあります。それでもいたって静かです。これは緑ヶ丘の一帯が深い森に囲まれていること、小屋の外壁が自然素材の木であること、各区画の敷地の大半が畑や庭になっていることなど、様々な要因が関係しているからだと思います。騒音などは周囲の草木が吸収してくれるのでしょうが、住宅団地の明るくざわざわした感じとはまるで別世界です。おそらく騒音計のようなもので測定して、たとえ同じ静かさであったとしても、緑ヶ丘のような静けさにはならないというか、静寂の質が一般の住宅地とは決定的にちがっているようで、これがひとにどのように作用するのかです。同じ孤独という状況にあったとしても、それがむしろこころの充足に振れやすい空気感といったらいいのか。ここを管理している会社で聞いた話によると、ある利用者が自分で耕した土に植物の種をまき、それがやがて芽を出してきたときの喜びがあまりにも大きかったことから、さっそく自分の息子に連絡したところ、「大事な会議中にそんなことぐらいで電話をしてくるな」と切られたそうです。この利用者の発見、感激、喜びのようなものは、やはりこの森のなかの空気でないとなかなか、からだのなかから湧いてこないようにも思います。無機質で乾いた音や色、素材に囲まれて暮らす生活の快適さもいいですが、それ一辺倒ではやはり心身ともにくたぶれてくるわけで、それでも疲弊しないとすれはロボットに進化した人間か、さもなければ、たんに狂ってきたことに気づかない耐性が身についただけの人間かもしれません。

 ある意味で緑ヶ丘クラインガルテンは別荘地のようだといえないこともありません。ただ、ラウベをとりまく畑や庭づくりをとおして、利用者のひととなりや流儀のようなものがなんとなく見え、人間くささが伝わってくるなど、その意味ではここは住宅地の延長線上にある存在だろうと思います。コミュニティを生成するためには建物というモノではなく、そこに住んでいるひとびとの営みがあるていど感知できるほうが意思の疎通に有効ですし、交流もしやすいはずで、世の中には緑ヶ丘のようなタイプの住宅団地がいろいろあってもいいように思います。ソローの「森の生活」といえば盛大にイメージがふくらみますが、緑ヶ丘はそれをさらに団地版に改良し、現代のライフスタイルに消化しているようなところがあります。働きすぎて精も根も尽き果ててからではあと祭りで、そうなるまえに2、3年、このようなクラインガルテンで生活してみるのも、長い人生、いや限られた短い人生には、もっとも役に立つかもしれません。

小屋の旅 019 (リゾートと小屋)

f:id:koya-tabi:20160619165114p:plain

19.リゾートと小屋

 山にはまだ雪が残る信州は白馬村の小屋です。いまや国際的な山岳リゾート地になってきた白馬村から望む北アルプスの雄大さ、美しさは、まさに圧倒されるというしかないような素晴らしさです。小屋もその白馬三山を中心にした白馬連峰を借景に、「壮麗なアルプスとさわやかな麓の小屋」といったものをイメージしていたのですが、なかなかそのような都合のいい小屋を探し当てることができず、やっとのことでこの小屋にたどり着いたわけです。我ながら、当初思い描いていた小屋と著しくかけ離れ、似ても似つかないものを撮ったなと、あらためて自分のやっていることのいい加減さを写真の小屋をながめながら自覚しているありさまです。
 
 小屋がある周辺は、八方尾根のスキー場や別荘、ペンション、カフェといった観光施設が点在するリゾート地のど真ん中で、写真右側には幹線道路が通っています。小屋の背後に見えるのは建設会社の作業場で、重苦しい機械が並び、おまけに送電線の鉄塔まで顔を出していたりと、とりとめのない雑多な風景を切り取っています。正直なところ「どこがアルプスだ? なにが白馬だ? リゾートはどこにあるのか?」と、いいたくなる意味不明な写真で、唯一、アルプスやリゾートらしいといえるのは、おそらく小屋本体ではなかろうかと思います。当時、この小屋にカメラを向けながら、「建設会社の作業場の小屋にしては、異様に美しいが、リアリティに欠けた小屋だな」と、思ったことを覚えています。

 それ以来、この写真の小屋を自分は建設会社の作業小屋としてきたのですが、いまあらためて写真を見ると、どうやらその作業小屋というのが、まちがっていたようなのです。手前の小屋と背後の作業場とは別々の敷地にあるようにもみえ、土地の区割りを見るかぎり、異なる敷地と解釈したほうが理にかなっていて、建設会社とはまったく関係ない小屋のような気がします。どうも、自分の行動のいい加減さにくわえて、ものごとを判断する力のほうも、それに負けず劣らずの二人三脚のところがあるようで、見事なまでにデタラメな私の本質を、この小屋は容赦なくあぶりだしているようにみえます。

 小屋は、窓をできるだけ小さくしてあるところをみると、用途は避暑用にすごすハウスではなく、たんなる物置小屋でしょう。色もかたちも単純、明快で、なによりも曖昧なところや不純な要素がなく、現実離れしたハリボテ建築といった表情をしています。そして建設機械や鉄塔といったまわりの生活騒音にもまったく動じた様子がありません。はやい話が周囲の空気をまるで読めていないのですが、そんなことなど気にもせず、堂々と立っていて、その揺るぎない強固な姿勢こそ、3000メートル級の山々の存在感そのものである、と思うわけです。このようなきわめて異質なタイプの小屋をほかに探すとなると、おそらくイヌ小屋かウサギ小屋、それにテーマパークといったたぐいになるか、さもなければもっと現実から遠く離れたアニメ、童話の世界へ入っていくしかありません。だからこそまた、非日常ともいえるリゾート地の空気にはたいへんよく合った小屋だといえるわけですが、なんだか、せこいこじつけのようでもあります。

小屋の旅 018 (棚田と小屋)

f:id:koya-tabi:20160531142719p:plain


18.棚田と小屋

 飯山から妙高に入ったところあたりで撮った小屋の写真です。昔ながらの棚田がまだかたちをとどめながら維持されているところで、5月の中旬ごろのものです。山は新緑の淡い緑に包まれ、そこに杉林が入り組んだ典型的な里山景観といったところでしょうか。山桜が咲いているのが見えますが、標高が高いとみえ、平地と比べて季節に少し時間差があるようです。田んぼには耕耘機が入って、これから代かき、田植えとなるのでしょう。その奥に真新しい小屋が見えます。

 この写真は4、5年前のものですが、棚田ではほとんど米づくりがされていません。写真の下のほうにかろうじて行なわれている程度で、あとは畑にしたり休耕田になったりしています。それでも耕作放棄はせず、草刈りなどを継続しながらなんとか環境を維持しているようで、時代の流れにのってゆっくりと変化している棚田です。昔ながらの姿を頑固に守っている棚田も立派ですが、この棚田のように、現実路線に舵をきっているところも、見ていて肩が凝らなくていいものです。

 実際、これほど小さい棚田で稲作を維持していくのは、現代にあっては非現実的です。その無理を承知でやっているのが、かなり高齢と思われる耕耘機の農家だろうと思います。スマホ依存やニコチン依存と同じく“田んぼ依存”という病気にかかっている、といえないこともありませんが、ただ、こちらの依存症は健康維持と生き甲斐には大いに役立っているはずです。耕耘機のいいところは、牛が田を耕すスピードに近いことで、ぬかるんだ土のなかを牛ならぬ耕耘機に引かれて、ひまな1日をゆっくり田んぼのなかを散策するわけで、健康に悪いはずはなく、これぞ“医者いらず”というやつです。

 畑に転用した棚田に建っている青いトタンの小屋は、どこかさっそうとしたところがあります。そして小屋の足もとには、野菜や果物を育てているのでしょうか、ビニールシートのトンネルが一列にのび、見ていて気持ちがいい風景です。新しい希望が棚田に芽生えている感じでしょうか。いっぽうの耕耘機の主はといえば、その耕耘機に引かれて行く先は、冥土への旅かもしれませんが、これはこれでまた、なんとも幸せな光景ではないでしょうか。三途の川を耕耘機といっしょに渡る覚悟がみられ、あっぱれというしかない道行です。カエルやその子のオタマジャクシ、ドジョウ、メダカといった田んぼの生き物たちに見送られながらの旅立ちとなるわけで、田舎の終活はこうでなくてはいけません、というひとつの見本です。

小屋の旅 017 (鎮守の森と小屋)

f:id:koya-tabi:20160429155345p:plain

17.鎮守の森と小屋
 桜の木とビニールハウスのあいだの砂利道は、村の神社に通じる参道で、ハウスの前に“00村社”と刻まれた石柱も立っています。その社は、写真右方向へ少し行ったところにあり、参道脇にはスギの木も何本か見えますが、風格のある古木、巨樹といった類いではなく、きわめて貧弱なものです。少しも春を思わせる勇ましい空気、わくわく感が伝わってきませんが、断じて殺風景でも殺伐としているわけでもなく、それこそ細々とした営みが淡々と続いているといった静謐な気配があって、それがまたいいのではないかと思えてくる小屋の風景だと思います。

 ちょっと薄暗く湿ったスギの参道に咲いているのは、山桜でしょう。やせ細って曲がった幹など、“なんと立派な”、といったものとはほどとおい桜の木ですが、咲いてる花に透明感、清楚さ、つつましさのようなものがあります。おそらく山桜の代わりにソメイヨシノなどでもそれなりに美しいとは思いますが、それはやはりここではちがうかな、といったところです。まあ、この山桜が美しく見えるのは、単純にここが山そのものだからかもしれません。

 ビニールハウスは、稲の育苗用のもので、春の1ヶ月間ほどだけ設営される仮設小屋です。ここで種もみから背丈15センチほどの苗に育てあげ、それを田んぼへ運んで田植えとなるわけですが、例年5月中旬から下旬が田植え時期なので、1ヶ月前の4月中頃に育苗箱に種もみをまき、その箱を慎重にハウス内に移します。その大切な苗箱が入ったハウスの入口を、よれよれのベニヤ板とつっかえ棒で力いっぱいにふさいでいるところをみると、ちょっと矛盾した力の入れようではありますが、今年の米づくりにかける農家の強い意欲が感じられます。そしてここまでは苗づくりも順調にきているみたいで、とりあえずはめでたし、めでたしといったところでしょうか。

 この春に新調したと思われるハウスのシートだけがやたら目立ち、そこだけがとても晴れやかな空気がただよっています。きっと「今年も頑張るぞ!」といった、意気込みでこのハウスを組み立てたのでしょうが、この農家も例にもれず高齢のかただと察します。稲作にかける情熱とはうらはらに、ふと我にかえると、「わしもあと何年続けられるのかな‥」といった、ため息もでてくる、そんなやるせなさを含んだピカピカのハウスで、それが山桜や、やや暗く湿っぽい鎮守の森とうまくシンクロしているようにみえます。そして4月下旬ごろには、参道の奥から五穀豊穣を祈願する春祭りの笛や太鼓の音が聞こえてきます。その祭りは過疎の村だけに“老人会の集い”といった調子で気負いもなく、安心して見ていられるような乾いた熱気で宴会が始まり、朗々としたおめでたさにつつまれる、というのは実は幻想であって、現実はむしろ逆の展開になることが多いのではないでしょうか。歳をとるほど、肉体同様に人間のこころや精神も劣化してくるのが一般的ですから。

小屋の旅 016 (ひとりユートピアの小屋)

f:id:koya-tabi:20160422175024j:plain

 

16.ひとりユートピアの小屋

 写真左下に見える小さな小屋は、急な坂道を50mほど登ったところに建っているもので、すぐ上には田んぼが広がっています。ほ場整備のされていない昔ながらの懐かしい棚田です。小屋のほうは間口が1間余り、持ち主がみずから手作りで建てたものと思われ、素人にしては上手に造ってあります。もちろん稲作で使うための施設ではなく、その横にある畑用です。

 小屋や棚田の一帯は地形的に特徴があって、大きな谷間のなかにある単独峰のような小高い山を棚田に開墾してしたところです。写真は谷をはさんで撮っていますが、菜の花越しに見える田んぼは、その山頂部を削って台地にしたもので、裾野にも棚田が階段状に広がっています。この台地での稲作は、耕作者が高齢のために撮影した年が最後となっています。毎年ここを訪れていますが、これだけ菜の花がいちめんに咲き誇っていたのは、この年だけです。翌年から棚田にスギの苗木が植えられ、ゆっくりと田んぼからもとの山へ、人の手から自然へと帰っています。

 この小屋で少し気になるのは建っている場所です。本来なら台地の上にある畑の片隅に造ったほうが、畑仕事にはなにかと都合がよかったはずです。それなのにこの場所になったのは、ひとつに軽トラが畑まで行くことができず、建築材の運搬が困難で、妥協してここになったというものです。また、大きな谷間のなかにある高台なので、谷を抜ける強風のリスクも考えられます。突風が吹くと小屋が飛ばさせる恐れから、それを避けるためにこの場所にした可能性もあります。いずれにしても少し遠慮がちに、中途半端な場所に建っていますが、これも城などと小屋とのよってたつところのちがいなのでしょう。

 台地の棚田には水が張られ、これから最後の米づくりがはじまろうとしているところです。右横の畑ではすでに野菜づくりが始まっているようで、その奥に2本の梅の木が花を咲かせています。観賞用ではなく、梅干しの原料となる実を収穫するためのものです。2本の梅の木の真ん中にぶどう棚らしきものも見えます。夏はこの棚の下で休憩をとったりするのでしょう。さらにその奥は植林した里山へと続きます。これで柿の木などでもあれば、1970年代以前の農家の庭先を彷彿とさせるものがあり、その理想のかたちをここで実現している、まさに箱庭のような光景です。小屋の持ち主は、ここに自分の小さなユートピアをつくっているのかもしれませんが、ストレス、認知症、TPP、株、為替といったものとは、まったく無縁な方なのでしょうね。咲き誇る菜の花のように。